Digital Advertising+Creature

About Us

活きたコミュニケーションツールそれがデジタルコンテンツです

あらゆるステークホルダーに対応するデジタルコンテンツの構築をコンセプト策定から支援いたします。ブランド強化に不可欠な優れたデザインと、法人広報のプロフェッショナルとしてのノウハウを、ぜひご活用ください。

Process

デジタルコンテンツを制作するプロセスは以下の通りです。
実際には、プロジェクトの体制・内容・期間などによって変化し、システム開発や宣伝プロモーション等多くのプロセスが平行して進行します。

デジタルコンテンツ制作における一般的な構築プロセスは次の流れで進行します。

初期段階でのクライアント様の宣伝における構想・方針・背景・課題・予算・体制など詳細にヒアリングを行い以後の戦略立案に反映するため実態把握・意識共有を最大限に図ります。ウェブ戦略は企業戦略そのものと直結するため、全社的な経営方針を含めた情報収集が必要となり、プロジェクト成功を左右する重要なプロセスです。

ヒアリング情報に基づき、デジタルコンテンツの現状分析、競合分析などを経て、サイトの要件定義、戦略策定を行います。 このフェーズでは、明確な目的、ターゲット、ゴールの設定を行い目標達成のための戦略を様々な角度から設定します。体制計画、予算計画、スケジュールを含めたプロジェクト全体のフレームを設定します。

要件定義・戦略計画に基づき、具体的な戦術策定・実施計画・仕様設計・ 基本デザイン設計を行い実施・作業レベルの設計に落とし込みます。
要件定義書基本計画書実施計画書予算計画書御見積書サイト構成図画面仕様書スケジュール計画書ガイドライン設計

取材・撮影・編集・原稿作成・イラスト・その他サイト制作に必要な素材要素を制作・収集したのち、サイトデザインの基本となるグランドデザイン(トップページデザイン・ナビゲーションデザイン・各コーナーの基本デザイン)を制作・決定し、以後他ページ制作へと展開します。

納品を含めここまでのプロセスは、定期プロジェクトミーティングにて随時協議検討・進捗報告を行い進行します。公開時は、各種HTML、画像、動画ファイル、ドキュメント類を既定の方法(サーバインストール、電子データ、CD/DVDメディア)で納品します。

デジタルコンテンツにおける構築・公開はスタートでありゴールであってはならない。運用こそプロジェクト成功の成否を決定します。創窓堂では運用フェーズを全面的に支援。

デジタルコンテンツにおける運用フェーズを全面的に支援。

Ⓒ 2017 Sousoudou Co., ltd.